ピルを飲んでいても脱毛できる?脱毛の際に気を付けるべき薬は?

ピル脱毛

ピルは避妊の目的以外でも、広く利用される薬です。

ただ「ピルを飲むと体毛が濃くなる」ともいいますから、ピルの服用中に脱毛しても大丈夫なのか、気になりますよね。
そもそも、脱毛クリニックやサロンは、ピルを飲んでいる人でも利用できるのでしょうか?

今回は、ピルの服用中でも脱毛はできるのか、どんなリスクや影響があるのか、ピル以外に気を付けるべき薬はあるのか、などの疑問点について詳しくお答えします。

そもそもピルとは

ピルとは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを含むホルモン剤のことです。
この2つのホルモンは、月経周期に関係しており、ピルはそのコントロールに役立ちます。

一般的にピルと聞くと、避妊目的のみを連想しがちですが、必ずしもそうではありません。
例えば、ホルモン量を低く抑えた「低用量ピル」(OC)は、以下のような目的でも使用されます。

  • *PMS(月経前症候群)の改善
  • *月経困難症の改善
  • *月経量のコントロール
  • *乱れた月経周期を整える
  • *生理日のコントロール(旅行や試験のためなど)
  • *婦人科系疾患の病状/リスクの軽減
  • *多毛やニキビの改善

このようにピルは避妊目的のみならず、女性のQOL向上にも役立つ薬です。

あまり知識がない方が考えるよりも、はるかに多くのシチュエーションで、ピルが利用されています。

中には、それほど意識せずピルを服用している可能性もあるため、脱毛の前には今一度確認する必要があるでしょう。

ピルの服用中でも脱毛はできるの?

結論から言いますと「ピル服用中でも脱毛はできる(問題ない)」と考えているクリニックは多いようです。

確かに、ピルに含まれる女性ホルモンは、毛周期(ヘアサイクル)に影響します。
しかし、特に低用量ピル(OC)を服用している場合などは、増毛・育毛などの形で効果が現れることはないと考えられています。

脱毛サロン・医療脱毛で違いはあるの?

医師の場合は「脱毛OK」としているところも多いようです。

脱毛サロンと医療脱毛の受け入れ態勢の違い
脱毛サロン医療脱毛
NG/医師の同意書が必要基本OK

ピルに対するきちんとした知識があるため、リスクがしっかりとコントロールできるからでしょう。
つまり、医療脱毛(医療用レーザーなどを扱う脱毛)をおこなうクリニックの多くでは、ピル服用中の脱毛を受け付けている所が多いです。

しかし一方で、医師の在籍しないサロン・エステなどでは「脱毛NG」あるいは「医師の同意書が必要」とするところも多いようです。

ピルを飲んで脱毛することでリスクや影響があるの?

リスク1:色素沈着
ピル服用中でも脱毛できる可能性は高いです。
しかし、服用するピルの種類や服用量などによって、特定のリスクや影響が生じる恐れもあります。1つめに考えられるリスクが「色素沈着」で、刺激によってメラニン色素の生成が促され、肌色が変わってしまうことを指します。
具体的には、ピル服用中にレーザー施術などを行うと、その部分に「シミ、あるいは黒ずみなどができる恐れもゼロではない」ということです。
リスク2:脱毛効果が表れにくくなる恐れ
2つめに考えられるリスクが「脱毛効果が表れにくくなる」というです。低用量ピルの場合、脱毛してもほぼ問題ないと判断されるケースが多いことは、すでにご紹介しました。しかし、中容量、あるいは紅葉量のピルを服用しているケースでは、ホルモンバランスが大きく変化する可能性もあります。これによって、ヘアサイクル(毛周期)が乱れ、せっかくの脱毛施術の効果が現れにくくなる恐れが考えられるのです。
リスク3:光に対する過度な反応
2つめに考えられるリスクが「脱毛効果が表れにくくなる」というです。低用量ピルの場合、脱毛してもほぼ問題ないと判断されるケースが多いことは、すでにご紹介しました。しかし、中容量、あるいは紅葉量のピルを服用しているケースでは、ホルモンバランスが大きく変化する可能性もあります。これによって、ヘアサイクル(毛周期)が乱れ、せっかくの脱毛施術の効果が現れにくくなる恐れが考えられるのです。

3つめに考えられるリスクが「光に対して過度な反応が出る」ということです。中容量以上のピルでは、薬の成分が光に過敏に反応し、肌トラブルが起きる可能性も考えられます。具体的には、じんましんや皮膚の赤みなどが生じる恐れがあります。

ピルを飲んでいても脱毛が可能なサロンはどこ?

結論から言うとどのサロンでも脱毛をすることができます。
ただしサロンによって医師の同意書がなければ施術を受けていないところがあるので注意です。

ピルを飲んでいる場合の脱毛サロンの対応の違い
サロン名ピル服用に関して
脱毛ラボ×
ミュゼ△(医師の確認必要)
キレイモ〇(低用量ならOK)
ジェイエステ
銀座カラー

脱毛ラボはピルを飲んだ後の脱毛はNGです。その点ミュゼに関してはNGではないのですが医師の確認が取れてなければ施術は難しいとのこと。

おすすめの脱毛サロンはこれだ

キレイモ
キレイモは基本的にはピルを飲んでいても施術は可能です。

ただ以下の場合は施術が受けれない可能性がございます。

  • 高容量のピルを飲んでいる

高容量のピルを飲んでいる場合に関しては体への影響が出やすくなってしまい、そういったリスクを踏まえを施術はできない可能性が高くなります。

人気のモデルも頻繁に行ってるみたいなので、もしかしたら出会えるかも…

キレイモTwitter6

ピル以外に気を付けるべき薬

ピル以外で脱毛するときに危険な薬

脱毛ではピル以外にも以下のような薬を服用している場合は注意が必要です。

抗生物質配合の薬

抗生物質は、最近や微生物の繁殖を抑えるほか、抗炎症作用なども持つ薬です。薬に配合される物質の中でもポピュラーなものであり、花粉症の薬や風邪薬外、鎮痛剤などにも配合されています。

しかし、脱毛施術の前に服用すると、光線過敏症になる恐れがあると言われています。

現在はレーザー脱毛ほか、フラッシュなど光の照射を利用した脱毛が一般的です。

場合によっては、脱毛施術と抗生物質の服用がセットになることで、皮膚が過敏となり、肌荒れや色素沈着などの症状が出る恐れがあります。

なお「抗生物質服用からどのくらいの時間が経てば施術が可能か」については、それぞれのクリニックやサロンなどで見解が異なります。

ステロイド配合の薬

ステロイドは、免疫力を抑制したり、炎症を抑える作用を持つ薬です。

具体的には、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に使用されるイメージが強いでしょう。

そんなステロイドを服用しながらの施術は、ピルと同じく「色素沈着」「肌トラブル」「脱毛効果がなくなる」などにつながる恐れがあると考えられます。

ステロイド服用中の場合、通常よりも皮膚がダメージを受けやすくなっているとも考えられるため、事前にレーザー照射などのテストが行われることもあります。その結果次第では、施術断られたり、ステロイドの服用期間が終わってからの施術が提案されます。

予防接種

薬とは少々異なりますが、予防接種も、施術前に控えなくてはならない場合があります。

薬であれば、前日に控えるだけでOKなケースもありますが、予防接種は、施術までに1週間以上あけなければならないと定められていることがあるようです。

予防接種受ける予定がある場合にも、やはり事前に相談しておきましょう。

クリニックとサロンで対応に違いはあるの?

何らかの薬を服用している人の場合、サロンよりもクリニックで脱毛することを考えたほうが良いかもしれません。

サロンやエステなどは「薬を服用中」というだけで、施術を断られるケースも少なくないようです。

それに比べてクリニックは医療機関ですので、薬の種類や量などを細かく見極めた上で、施術できるかどうかを判断してくれます。

ピルを飲んだ後は急ぎでなければすぐに脱毛にはいかなくて良い

急ぎでなければピルを飲んだ際は体への影響も含め施術しない方が良いでしょう。
ただどうしても必要ということであれば、キレイモ・銀座カラーなどのサロンで脱毛することをお勧めします。

トップページへ戻る