産毛脱毛におすすめの脱毛サロンの特徴を調査してみた!

「ワキの脱毛では効果がすぐわかったのに背中の産毛が全然抜けない!」
「産毛の脱毛は効果がないって聞いたけど本当なの?」
「産毛脱毛で逆に毛が濃くなることがあるって聞いたんだけど……」

産毛脱毛に対してそんな不安や不満を抱えている口コミをよく見かけます。

実際、産毛脱毛にはメリットもありまずがデメリットもあります。

しかし、産毛脱毛に合った脱毛サロンを選べば産毛にも効果の高い脱毛が可能になるんです。

今回は産毛脱毛の特徴について詳しくご紹介した上で、産毛脱毛に合った脱毛サロンの特徴と、おすすめの脱毛サロンを調査してみました!

産毛脱毛の特徴!メリットとデメリットは?

産毛も脱毛しなきゃ!

産毛も脱毛しなきゃ!

顔や背中、胸周りなど、よーく見ると沢山生えている産毛のムダ毛。

あまり気にしないという人もいるかもしれませんが、意外と周りからは見られているものです。

そんな産毛を脱毛することでどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
まずはこの2点について詳しくご紹介していきます!

【産毛脱毛のメリット】肌が明るくなり化粧ノリが良くなる

産毛脱毛をすることのメリットには以下のようなものがあります。

  • 肌が明るくなる
  • 化粧ノリが良くなる
  • 毛穴が引き締まる
  • ニキビなどの肌トラブルが起きにくくなる

産毛は1本だけなら色も薄く毛も細いのですが、肌の表面全体を覆うと本来の肌よりもくすんだ暗いイメージになってしまいます。

しかしムダ毛を処理することで肌の透明度が上がり、全体的に明るい印象になります

また、顔の場合はムダ毛が生えていると、肌表面の産毛が凹凸を作ることで化粧が肌に密着しづらい状態です。

顔の産毛がなくなれば化粧が肌に密着してノリが良くなるだけでなく、化粧水の浸透力も上がるとうメリットがあります。

それだけではなく、脱毛をすることで毛穴が引き締まり、ニキビや吹き出物ができにくくなったというケースもあります。

お肌が綺麗になって肌トラブルも抑えられるというのが産毛脱毛のメリットですね。

【産毛脱毛のデメリット】硬毛化のリスク・効果実感に時間がかかる

反対に産毛脱毛でのデメリットはどのようなものか見てみましょう。

  • 硬毛化で元の毛よりも産毛が濃くなることがある
  • ムダ毛が濃い部位に比べて脱毛に回数と時間がかかる

硬毛化とは、産毛の脱毛をすることで元々の細い産毛よりもムダ毛が太く濃くなってしまう現象です。

また、冒頭でも少し触れましたが産毛の脱毛は効果が見えにくく脱毛効果が見えるまでに時間がかかる傾向にあるようです。

こういった2つのデメリットに原因と解決策があるのかどうか、次の項目から詳しく説明していきますね。

1.産毛脱毛で硬毛化が起こる原因と解決できる脱毛サロンは?

吹き出しうさぎ困り顔

産毛を脱毛すると、稀に硬毛化と呼ばれる「元の毛よりも産毛が濃くなる現象」が起こることがあります。

硬毛化が起こりやすいのは背中・肩・二の腕・お腹周りなどの細いムダ毛。

反対にワキやVIOなどの濃いムダ毛には起こりにくいと言われています。

「毛を薄くするために脱毛して、逆に濃くなってしまうなんて困る!」と思いますよね。

でもこの硬毛化という現象、実はリスクが起こる可能性はとっても低いんです。

スペインの脱毛施設の統計では10%の確率で硬毛化が起こったという報告がありますが、日本のメンズエステMDSAでは0.3%程度……1,000人に3人とかなり稀な確率という結果が出ています。

産毛で硬毛化が起こる原因について

硬毛化が起こる原因について、現在の研究段階ではまだ具体的に解明されていないようです。

通常の脱毛方法は、脱毛に使用する光がメラニン色素に反応して熱に変わり、ムダ毛の毛根に働きかけて熱のダメージを与えるものです。

しかし、何らかの原因で脱毛に効果的な熱ではなく毛の周辺にある細胞を活発化させてしまって毛が濃くなってしまうのではないかという見解が現在の医学会での研究でなされているようです。

参照元rizeclinic.com

先ほども申し上げたように1,000人に3人程度と稀な現象ではありますが、少し心配になりますよね。

硬毛化が起こりにくい脱毛サロンの特徴はあるのかどうか調べてみたところ、以下の情報が見つかりました!

産毛の硬毛化が起こりにくい脱毛サロンの特徴!

産毛の硬毛化が起こりにくい脱毛サロンの特徴として、特定の脱毛方法を行っているということが分かりました。

硬毛化が起こりにくい脱毛方法は以下の2種類です。

  • バルジ式(蓄熱式)脱毛
  • ニードル脱毛

1つ目は熱量が低いことから硬毛化になりにくいと言われているバルジ式(蓄熱式)脱毛法です。

現在この脱毛法で脱毛ができる脱毛サロンにはSTLASSHラココディオーネが代表的です。

まだ導入している脱毛サロンが少ない最新の脱毛法なのですが、光の熱で毛根にダメージを与える従来の脱毛法とは異なり、従来よりも低い熱で毛穴全体を温める脱毛法なので硬毛化が起こりにくいと言われています。

2つ目はニードル脱毛で毛根から毛を取り去ってしまう脱毛をすること。

毛穴に針を通して毛根を破壊するので新しい毛は生えてこず硬毛化のリスクもありません。

ただ、痛みがかなり強いというデメリットがあるのに加え、1本につき130円など範囲や毛の量が多くなると料金がかなり高くなってしまうという点がありますので、狭い範囲の脱毛に利用するほうが良いでしょう。

2.産毛脱毛で効果実感に時間がかかる原因と解決できる脱毛サロンは?

吹き出しうさぎ指さし

脱毛効果がなかなか実感できないという意見の多い産毛の脱毛。
回数を増やしてみても結局変わらないというケースもあり、産毛の脱毛を諦めたという人も多いようです。

調べてみたところ、効果の見えない脱毛法で回数を増やすよりも、産毛脱毛に適した脱毛法で脱毛する方が効果が見えるということが分かりました!

産毛の脱毛で効果が見えにくい原因と合わせて、産毛脱毛に効果的な脱毛法をご紹介していきますね。

産毛脱毛に時間がかかってしまう原因は2つ

産毛脱毛の効果が見えにくい原因は以下の2つです。

  • 脱毛機の熱量調整が難しい
  • 毛が生えてくる周期が普通の毛よりも遅い

脱毛サロンの脱毛法は基本的にメラニン色素(濃い色)に反応する脱毛法です。

ですから、ワキなどの濃いムダ毛の場合、実は脱毛機の熱量を低く設定していても簡単に効果が出ますが、顔や背中などの産毛は色素が薄く効果が表れにくいんです。

薄い色素の産毛で効果を発揮するには高い熱量で脱毛をする必要があるのですが、熱量を上げるほどに肌自体にダメージを与えてしまうというリスクがあります。

特に顔などのデリケートな部位は温度調整が難しく、効果の高さよりも安全を考慮し、炎症などの肌トラブルを避けて熱量を下げるケースがほとんどです。

また、産毛は毛が生えてくる周期が普通の毛よりも遅い傾向にあります。

肌の表面には生えているムダ毛と肌の中に眠っているムダ毛が存在するのですが、脱毛効果を発揮できるのは肌の表面に出ている毛だけです。

毛が生える周期が遅いということは、眠っている毛が生えるまでに時間がかかり、脱毛効果を発揮するタイミングも他の毛に比べて遅くなってしまうということ。

そういった2つの理由から産毛の脱毛は効果を実感しにくいようです。

産毛脱毛で効果を実感するのが早い脱毛サロンの特徴!

産毛脱毛で効果を実感するが早い脱毛サロンの特徴は以下の通りです。

  • メラニン色素に関係なく脱毛可能なバルジ式(蓄熱式)脱毛で脱毛できる
  • 毛が生える周期に関係なく脱毛できるSHR脱毛法を採用している

先ほどの硬毛化の項目でも出てきたバルジ式脱毛ですが、毛穴全体を温めるこの脱毛法はメラニン色素に関係なく脱毛が可能です。

毛根のメラニン色素に反応して脱毛する従来の方法とは違い、バルジ式脱毛では肌全体を温める形で毛穴にアプローチするため、痛みが少ない低い熱量で高い効果を発揮するもの。

肌の安全のために熱量を下げて効果が落ちるという心配もありません。

因みに、STLASSHやラココが採用しているSHR脱毛法はバルジ式脱毛の1種。

毛が生える周期に関係なく毛穴全体にアプローチするため、生えている毛と生えていない毛に区別なく効果を発揮します。

肌に優しく毛の周期に関係なく脱毛ができるので最短2週間に1回のペースで通えるなど、産毛に効果が高いだけでなく通うペースも短くできるという特徴があります。

SHR脱毛についてもっと知りたい方はこちらもチェック!
SHR脱毛とは

産毛脱毛におすすめの脱毛サロン

顔脱毛・全身脱毛のおすすめをそれぞれご紹介!

顔・全身脱毛のおすすめをそれぞれご紹介!

産毛脱毛には2つのデメリットがあるというお話と、そのデメリットを解決する脱毛サロンの特徴についてお伝えしてきました。

以上を踏まえて、今回産毛の脱毛におすすめする脱毛サロンをご紹介していきます!

顔の産毛脱毛におすすめなのはディオーネ

ディオーネ

顔の産毛を脱毛するにはディオーネがおすすめです!

  • 産毛に強い最新の脱毛法を採用
  • 2~4週間に1回通えるので脱毛効果の実感が早い
  • 3歳の子どもが通えるくらい痛みがない
  • 全国120店舗あるので通いやすい
  • 色素沈着や乾燥がおこっている部位でも脱毛可能

ディオーネは敏感肌専門の脱毛サロンです。
3歳の子どもでも通えるくらい痛みがない、新しい脱毛法のハイパースキン法を採用しています。

通常の脱毛サロンでは「光の熱で毛根にダメージを与える脱毛法」なのですが、ディオーネの脱毛法は毛が生える前の元の部分「毛の種」を特殊な光で温めて発毛を予防する脱毛法。

体感温度が約38℃と通常の脱毛法よりも低い熱で脱毛するため、硬毛化にもなりにくいと言われています。

また、メラニン色素に反応する光を使用していないので毛の薄い濃いに関係なく脱毛効果があります。

さらに、ディオーネの脱毛の光は美肌効果のある光も含まれているため、脱毛後にお肌の色がワントーン上がったという意見も多くあります。

現在お試しで脱毛ができるプランもありますので、気になる方はぜひまずカウンセリングを受けてみて下さいね。

ディオーネで無料カウンセリングを受けてみる!

全身脱毛におすすめなのはSTLASSH

STLASSH

全身の産毛を脱毛したい人にはSTLASSHがおすすめです!

STLASSHでは産毛の多い背中やお腹、顔も全て含めた全身脱毛が可能です。

  • 日焼け肌でも脱毛可能
  • 毛周期が関係ない脱毛法で最短6ヶ月で脱毛完了
  • 産毛や金髪にも脱毛効果アリ
  • 温かさを感じる程度で痛みの少ない脱毛
  • 完全個室の施術室
  • パウダールームも完全個室

STLASSHの脱毛法はSHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛法を採用しています。

ディオーネと同じ蓄熱式脱毛になりますが、ムダ毛が生えてくる前の毛の種に作用するディオーネの脱毛法とは異なり、生えている毛と生えていない毛両方の毛穴全体を温めて作用します。

毛周期に関係なく脱毛が可能なので、最短2週間ごとに通うことができ、さらに脱毛完了までの期間も最短6ヶ月というスピードです。

メラニン色素の濃い薄いが脱毛効果に関わることがない事から、従来の脱毛法では難しかった金髪などの色素の薄い毛の脱毛や、産毛にも効果が高いです。

現在、「他の脱毛サロンからの乗り換えで全身脱毛1回分が無料」などお得なキャンペーンも実施しているので、気になる方はまず無料カウンセリングを受けてみて下さいね。

STLASSHで無料カウンセリングを受けてみる!

産毛脱毛には産毛に効果が高いバルジ式(蓄熱式)脱毛の脱毛サロンがおすすめ!

吹き出しうさぎ指さし

今回の記事の内容を簡単にまとめると以下の通りです。
  • 産毛脱毛は肌が明るく綺麗になるメリットがある
  • 産毛脱毛は毛が濃くなる硬毛化のリスクがある
  • 硬毛化が起こりにくいのはバルジ式脱毛とニードル脱毛
  • 産毛は通常の毛よりも脱毛効果が出にくい
  • 産毛に効果が高い脱毛法はバルジ式脱毛
  • バルジ式脱毛の中でもSHR脱毛はさらに効果の実感が早い

産毛脱毛を行うことで肌が綺麗になり、ニキビなどの肌トラブルも減るというメリットがあります。

しかし、産毛脱毛には硬毛化と呼ばれる脱毛するはずの毛が逆に濃くなる現象が稀に起こり、脱毛効果自体も効果を実感するのに時間がかかるというデメリットがあります

その2つのデメリットを両方とも解決するのがバルジ式(蓄熱式)脱毛と呼ばれる最新の脱毛法です。

中でも、バルジ式脱毛の1種であるSHR脱毛は、毛が生えてくる周期に関係なく脱毛が可能なので最短6ヶ月とより短い期間で産毛の脱毛が可能です。

産毛脱毛でツルツルの肌を目指すなら、バルジ式脱毛を採用した脱毛サロンでぜひ脱毛を始めてみて下さいね。

トップページへ戻る